漢a.k.a.gamiさんの過去は?身長や年齢、刺青など調べてみた。

この記事は3分で読めます

【漢a.k.a.gamiさんの過去は薬の売人?身長や年齢、刺青など調べてみた。】

漢a.k.a.gamiさんと言えば、フリースタイルダンジョンでも有名なラッパーさんですよね。

読み方はおとこではなく「カン」と読みます。

「カンエーケーエーガミ」さんと読むみたい。

ちなみにgamiは幼少期の時のあだ名で「ガミちゃん」と呼ばれていたそうで、そこからきています。

MCバトルの強さもピカイチで2002年のB-BOYPARK決勝では般若に勝つほど。

フリースタイルや自身のラップではありのままのリアルを歌うというリアル主義で、リアルを歌っていないと思った相手とはビーフに発展することもあった。

ビーフって牛肉じゃありませんよ!HIPHOPではケンカの意味で使われます。

そのビーフの相手というのはDABOさんという方で、CDジャケットで銃を構えるDABOさんを見たのがきっかけらしいですね。

銃を構える意味が分かってるのか!

というのが漢さんの言い分で、他にもDABOさんのPVでDABOさん本人が車を運転しているシーンがあるのですが、免許を持っていなかったというのが気に入らないという情報もありました。

今は両者とも般若さんの仲介などもあり、仲直りされているそうですが。

とにかくどんな演出でも「リアル」を重視し、嘘を歌うこと、嘘を演じることを嫌う方というのが分かりますね。

そんな漢さんですが、「薬」という言葉と検索されることがあるみたいなので、その真相と、身長や年齢などのプロフィール、どんな刺青をしているのかなど調べてみました。

それではプロフィールからどうぞ!

漢a.k.a.gamiさんのプロフィール

本 名:川上国彦

生年月日:1978年6月7日

身 長:180前後

出 身:新潟県

出身高校:堀越高等学校

ガミちゃんというのは本名の川上からきていることが分かりますね。

身長は高く、180前後だと思われます。183センチという情報もありました。

いずれにせよ高身長ですね。

新潟県に生まれたそうですが、刺激を受けたのは「新宿」だそうで、思い入れが深いみたいです。

そして堀越高校出身といえば芸能出身者が多いということで有名ですよね。

漢さんは有名芸能人と同級生だったりするのでしょうか。

漢a.k.a.gamiさんの過去。お野菜を売っていた?

漢さんと同時に検索されるキーワード「薬」。

どうしてこんな言葉で検索されるのか気になったので調べてみました。

そこには漢さんのリアルがありました・・・

漢さんが2015年に発売した本(ヒップホップ・ドリーム)にそれは書かれているみたいです。

サンフランシスコやアムステルダムを行き来してお野菜(観葉植物?)を仕入れて売りさばくというストリートビジネスに手を染めた。

一応お野菜とか観葉植物といった情報が出てきましたが、それを売って稼いだお金でレーベルを立ち上げたいと思っていたそうです。

何を売っていたのか。ストリートビジネスとは何かについては皆さんの想像におまかせしますね。

そんな漢さんですがかなり壮絶な過去を経験されています。

母の地元である新潟に生まれ、父は別荘を持つほどのお金持ちだったそうですが、やがて父の会社が倒産。

新宿に出てくるものの、借金取りに追われ、洗濯物も外に干せないほどの取り立てだったとか。

小学5年のときには集団で窃盗事件を起こし、始めて警察にお世話になるも、取り調べを受けた仲間(同じく小5)は漢字で自分の名前を書けなかったそうです。

その他にはホームレスにお菓子を取られたこともあった。

そんな壮絶な過去があってこその今の漢さんなのでしょうね。

かなり調べていて悲しくなりましたが、漢さんこそ本物のストリート育ちのラッパーなのでしょう!

漢a.k.a.gamiさんは刺青をしている?

さて、漢a.k.a.gamiさんですが、刺青をされています

どんな刺青なのかは画像でご覧いただきましょう!

どうやらこの漢さんの左腕に入っている刺青の文字は梵字(ぼんじ)と言われる文字らしく、インドで使用されるブラーフミー系文字だそう。

ブラーフミーとは梵天(ブラフマー)が創造した文字ということで、日本ではお経などに見られる神秘的な文字らしいです。

梵字タトゥーをしている有名人は多いみたいですね。

さていかがだったでしょうか?

今回は漢さんのプロフィール・過去・刺青について調べてみました。

それではまた次の記事でお会いしましょう^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。