阿川佐和子さんの若い時が綺麗!昔、新幹線の名前をつけたことも?父や母は?

この記事は2分で読めます

【阿川佐和子さんの若い時が綺麗!昔、新幹線の名前をつけたことも?父や母は?】

阿川佐和子さんと言えば、TVタックルで司会進行役をされていたりとよくテレビで見る方ですよね。

大竹まことさんやたけしさんなどの「大物」にも尻込みせず意見できるような、それでいておっとりした雰囲気をお持ちの方だと思います。

最近ではドラマ「陸王」にも出演されており、演技は初めてではないものの、自然体で演じず大きな声を出して!

と監督から指示を受けているらしく元気な阿川佐和子さんの姿も見れます。

後は結婚もされましたよね!

結婚に関しては多くの方が記事にされているので当サイトでは深堀りしませんので検索してみてください。

そんな阿川佐和子さんの若い時が綺麗!ということで画像見つけてまいりました。

他にも新幹線に名前をつけたエピソードや父、母はどんな方なのか調べてみましたのでご覧ください。

まずはプロフィールからどうぞ!

阿川佐和子さんのプロフィール

名前:阿川佐和子

生年月日:1953年11月1日

出身地:東京都

血液型:O型

身長:150センチ

阿川佐和子さんは東京に生まれましたが、幼少期の一年間だけは広島市の伯母宅で育ったようです。

今でこそ司会進行役のイメージがありますが、もともとは報道キャスターをされていました。

慶応大学を卒業されていますが、すぐにキャスターになったわけではなく、最初になりたかった職業は織物職人なんだそうです。

ちなみに阿川佐和子というのは本名なのですが、名前の由来は父が阿川家とは全く関係のない南佐知子という墓石に掘られた名前を見て拝借したそうな。

阿川佐和子さん本人は自身の名前に関してネガティブな感情はないそうです。

阿川佐和子さんの若い時が綺麗!

阿川佐和子さんの若い時が綺麗といことでさっそく画像を見つけてきました。

どうぞ!

確かにお綺麗な感じですよね!

可愛らしいのもありましたよ!

こちらは綺麗ではありますが、かわいらしいという感じです。

こんなキャスターからなら厳しいツッコミを受けても耐えられそうか(笑)

ということで新幹線の話にいきたいと思います。

阿川佐和子さんは新幹線「のぞみ」の名付け親だった!

なんと阿川佐和子さんはかつて新型新幹線の名称決定委員に任命されたのだとか。

その時の新型新幹線に名付けた名前が「のぞみ」だったんです。

まさか何回も乗ったことのある新幹線の名付け親が阿川佐和子さんだったとは驚き!

ちなみになぜのぞみと名付けたかと言いますと、阿川佐和子さんの父は鉄道好きらしく、「日本国鉄の列車の名前は代々大和言葉で名付けられている」とアドバイスを受けたそうです。

そこで候補に挙がった名前の中に大和言葉を探したそうですが、「つばめ」しかなかったそう。

そこで最有力候補だった「希望」という名前を大和言葉に直し、「のぞみ」と名付けたそうです。

あの誰もが知っている新幹線の名前の裏にはそんな出来事があったんですね。

知らない人も多いと思うので雑学王みたいな顔で友人に話そうと思います(笑)

それでは次は阿川佐和子さんの父と母についてですね。

阿川佐和子さんの父は有名な小説家だった!

阿川佐和子さんの父は「阿川弘之」さんです。

広島県の名誉県民で「春の城」などの代表作で知られますね。

あの「志賀直哉」に師事して小説を書かれたそうで、戦争時代は海軍入りしていたみたいです。

阿川弘之さんは三年ほど前に亡くなられていますが母親はご健在のようです。

阿川佐和子さんの母は名前が分かりませんでしたが、現在90を迎えられて介護が必要な体なんだとか。

さらに認知症を患っているそうです。

阿川佐和子さんは新婚ながら、母親の面倒も見られているようですね。

さて、いかがだったでしょうか。

今回の記事はここまでになります。

新婚ホヤホヤの阿川佐和子さんのこれからの活躍を応援しております。

それではまた^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA